読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Follow your bliss

読書をしながら、子育てしながら、人間の内面についていろいろ考えたりする毎日

「メグさんの女の子・男の子からだBOOK 」

性教育はわたしにとっては苦手分野で、おおらかにそういう話をされているお家をうらやましく思うのですが、性の知識がある方が性犯罪に巻き込まれるリスクも減るという話を聞き、苦手とかいってる場合じゃないとおもい、いろいろ探してみました。 性に関して…

こどもをほめられない、愛情表現ができない

こどもはかわいいのにうまくその気持ちを表現できない、ほめることができない、ほめかたがわからない、自分自身親にほめてもらったことがない、という話を聞くことがあります。 もしそうだとしたらその人にとって子育てをするのがとても辛い状況ではないかと…

「なにかができるようになること」と「こどもの喜び」がつながっているか

enfant.living.jp またまた増田修治さんの記事の紹介です。 増田さんが学校で担任を持っていた時、逆上がりができない子がいて、時々一緒に練習していたそうです。3週間後、ついに逆上がりに成功。その時その子は大喜びしたそうですが、その後ほっとした表…

小学生が人間関係を学べる本

この「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズは、マンガで読みやすいこともあり、上の子のお気に入りです。 この子は幼稚園年長、小学1年から2年と、なにかとお友達とのやりとりで「あの子にこんなこといわれた」「うそつかれた」「あやまってくれな…

繰り上がりと繰り下がりの計算練習

上の子が宿題をやっているのを何気なく見ていたら、1年の復習で繰り上がりと繰り下がりの計算問題をやっていたのですが、なんと、わからなくなっていました。 がーん。 春休みなにもしなかったから忘れたのか?それともそもそもよく身についてなかったのか…

「ANNIE」TVで5/5に放映されるそうです

以前も紹介した映画「ANNIE」。 milkaddict.hatenablog.com 音楽も演技もストーリーも素晴らしく、うちのこどもたちもお気に入りのミュージカル映画です。どんなに厳しい状況でも明るくたくましいアニーを見ていると元気がわいてきます。ニューヨークを舞台…

ユーモアの力で心を開く試み

ただいま生活をスローダウン中で、どのくらい記事を更新できるか自分でもよくわからないのですが、ひとまず簡単な紹介記事です。 先日紹介した白梅学園大学 子ども学部子ども学科教授 増田修治さんに注目しています。本も読んでみるつもりなのですが、とりあ…

スローダウン

わたしは少し生活をスローダウン中です。 疲れがたまってきたり、体調を崩したりすることが続くとそろそろ充電タイムが必要だな、となります。各所にお願いしてスケジュール調整。理解して支えてくれるまわりの人たちに感謝です。 そうして少し生活を調整す…

これからやっていきたいこと

なんだかばたばたとしているうちに桜も咲き、春ですね。 ひさびさにひとりでのんびり休憩タイムをとらせてもらい、やっと春だという実感がわいてきました。 陽射しの中の桜もいいけれど、雨の中の桜もなかなか風情があって好きです。 今後やりたいことについ…

小学生がはまる塗り絵「ジョアンナ」

春から小2になった上の子が文房具屋さんで見つけてひとめぼれして買った塗り絵です。 ショウワノート B5.ぬりえ ジョアンナ 500108001 出版社/メーカー: ショウワノート メディア: オフィス用品 この商品を含むブログを見る 本当は、この前にコンビニでプリ…

トラブルからいじめにどうしてなってしまうの?

こども同士のトラブルについて考えていて、こちらの白梅学園大学教授の増田修治さんに取材した記事を見つけました。 mama.bibeaute.com 「悪いこととわかっているのになぜいじめがなくならないのか?」 「悪いとわかっていてもいじめるということは、わかっ…

こども同士のちょっとしたトラブル

こども同士のトラブルの話を小耳にはさみ、いろいろ考えていました。 こういうのって、ささいなことでもいったん「この子にはだいじょうぶ」と思われてしまうとターゲットにされて、意地悪しているという自覚もなくストレス解消のためのサンドバッグのように…

才能のソムリエ

くだらない思いつきなのですが、書いておきます。 才能って、国語ができる、算数ができる、サッカーが上手、絵がうまい、みたいなわかりやすい才能がある一方で、わかりにくい才能もあります。 思考スタイルという側面からいえば、立案型、順守型、評価型と…

種まきチャレンジ

こどもが、「お庭がほしい」「畑がほしい」といいだしたので、種まきにチャレンジしてみることにしました。 しかしわが家は園芸関連はまったくの初心者。いままでもこれならだいじょうぶといわれた丈夫なハーブ類を枯らした経験多数。かろうじて、先日アボカ…

父と母と拡充学習

実家での活動を振り返っていて、自分の父と母について改めて考えました。 人間的な欠点はたくさんありますし、わたしはわたしで思春期はあれこれ難しかったので、一時は親子関係がほぼ断絶に近いところまでいったこともあるのですが、その時遠慮せず徹底的に…

待つ

創造する、特に絵を描いたり、小説を書いたり、企画を立てたり、なにか新しいことを生み出そうとするとき、必ず「待つ」というフェーズにゆきあたります。 アイディアって出そうとおもえばどんどん出る、というものではなく、ある意味自分のコントロールでき…

おそうじロボ/こわれた時計/わかめとあさり/フェルト手芸

実家に帰省していました。 その間にあれこれ拡充学習的な活動をしましたのでざっとまとめておきますね。 その1 おそうじロボを修理して動かす ちゃお4月号付録のおそうじロボのことを虹色教室で教えてもらって先日購入してみました。 しかし、箱を開けて組…

時間を忘れるひととき

現代人は分刻みのスケジュールをこなすような生活に慣れていますが、こどもはそういう生き方をするようにはできていません。 「自分で興味を持ったことから熱中しはじめて、そこから困難な課題を見つけだし、自分で設定して乗り越えていく」という本当の成長…

日々創造する

クリエイティブに生きるってどんな生き方のことでしょう。それは、決めつけず、わからない状態で瞬間瞬間創造しながら生きること。時に、自分の中から創造力が湧き上がるのを待つことです。 こどもは歌ったり、踊ったり、絵を描いたり、おはなしを作ったり、…

開かれた心

開かれた心で生きる、やわらかい心で生きることについて書いてみます。 どんなことをいいたいかというと 決めつけない。いろいろな可能性に心を開く。自分の可能性も、こどもや他の大人の可能性も制限しない。「できない」「無理」という決めつけをしない。…

ゼロにする

現代人にとって、不確実な状態でなにかすること、はじめて出会う(つまり未知の)ものごとに対応することってとても難しいことではないかとおもいます。 なぜかといって、単にそういうことをしなくても毎日暮らしていける豊かさのためです。 少し前の時代の…

自由に生き生きと

わたしがいままでなんとなく、こういう風に生きていると気持ちいいな、と考えてきたことがいくつかあります。 特になにか得するためではなく、自由で風通しのいい生き方をするためのコツのようなものですが、その生き方の姿勢って子育てする時にもなにかと使…

「自由に生き生きと」はじまります

創造性ということについて時々考えます。 ことばにしずらい部分ではあるのですが、日々なにか手を動かしてごちゃごちゃいじること、下手でもいいからなにか作ることに抵抗がない状態にいる、ということが、子育てや人生で、行き詰まったときにクリエイティブ…

「サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法」

うっかり更新の間が空いてしまいましたが、わが家はみな元気です。 いろいろとイベントが続いておりましたが、少し一段落しました。 さてサッカーを始めたうちのこどもたちですが、特に上の子はサッカーがおもしろいらしく、練習日以外も公園にボールを持っ…

こどもが悩みを打ち明けやすくするために

先日敏感なお子さんを育てている友人から相談を受けて、自分が知った情報をいろいろお伝えする機会がありました。 それをきっかけに、こどもが悩みを打ち明けやすいようにする、なんでも親にお話ししやすいようにするためのコツ、というのを以前幼稚園の先生…

悩むことも悪くない

上の子はいろいろ気になるタイプで、最近は夜寝る前にひとしきり心にひっかかってることを話すのが日課です。 学校でこんなことがあった、ともだちにこんなこといわれていやだった、などなど。 大体において吐き出せばすっきりするらしく、翌朝は元気に出て…

かえるの卵

こどものおともだちに生き物大好きな子がいるのですが、その子に「池にかえるの卵いっぱいだよ!ここだよ!」と教えてもらいました。 指差して教えてくれたところを見てみるけど、見慣れないとすぐはわからないですね。 しばらくじーっと目をこらすとだんだ…

敏感さと内向性

なんだか日々ばたばたと過ぎていき、なかなか記事を更新できないでいます。 敏感な子に適切なケアをしてあげた場合、どんな大人になっていくんだろう。どんなふうに輝くことができるのだろう?と考えていました。 適切なケアがないと、発達障害の場合のよう…

こどもとおばけ

大胆さと繊細さを併せ持つ、下の子のお話です。 日頃「怖いもの知らず」を自称していて、たしかに大胆にあれこれ挑戦する姿がありますが、時々繊細な面を見せることがあります。 いまは寝る前に「ねえねえ泥棒こない?鍵閉めた?窓閉めた?」と聞くのが日課…

敏感な子が前に進むために必要なこと

マイコー雑記さんで見つけたこんな記事。 blog.goo.ne.jp いままでわが家でひといちばい敏感な子に対応してきて、さまざまな失敗や試行錯誤の末にこうかな、と探り当てた対応はまさにこれかなとおもいました。 これは去年の夏に書いた記事です。 milkaddict.…

はみでる才能

上の子がサッカーをやりたいのだそうです。 うちのこどもたちはそんなに運動が不得意でもないと思うのですが、気が乗らないとしない感じで、特に上の子が小学校に上がってから、外での公園遊びをさっぱりしなくなってしまい、週末など公園で遊ぼうといっても…

「百まいのドレス」

百まいのドレス 作者: エレナエスティス,ルイススロボドキン,Eleanor Estes,Louis Slobodkin,石井桃子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2006/11/10 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (18件) を見る 虹色教室で紹介されてい…

アイロンビーズ遊び

この本をきっかけにただいまわが家ではアイロンビーズブームが到来中。 子どもの手芸 アイロンビーズ (基礎がわかる!For Kids!!) 作者: 寺西恵里子 出版社/メーカー: 日東書院本社 発売日: 2016/08/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブロ…

こどもとお料理、まず興味を持ってもらうために

料理ってちょっと実験ぽいところもあるし、手順や段取りも必要だし、こどもとすると、とてもよい拡充学習の種になるなと思っています。 料理に関してはうちではこちらのテレビ番組が人気です。 www.nhk.or.jp こども向けのシンプルでおいしいレシピを紹介し…

お風呂での遊び、磁石での遊び

ワーキングマザーさんから簡単拡充学習のアイディアいただきました!! お風呂の浴槽の中に、洗面器を沈める。空気を含めて沈める、空気を抜いて沈める。逆に、洗面器を引き出す。ペットボトルも面白いです。 親子でそのときの力の違いに不思議がる。説明は…

洋服作り遊び/ヘアバンド作り

きょうはなぜかこどもたちは洋服作りをする!と決めたようです。 最初はお人形の服を作るといっていたのが、いつのまにか下の子の洋服を作ることになり、2人でデザイン画を描きまくりました。洋服やさんにお客さんが注文する構図です。 古くなった小さい袖な…

全才能ポートフォリオの紹介

レンズーリの本から全才能ポートフォリオの紹介です。 個性と才能をみつける総合学習モデル 作者: ジョーセフ・S.レンズーリ,Joseph S. Renzulli,松村暢隆 出版社/メーカー: 玉川大学出版部 発売日: 2001/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る レ…

バレンタインの工作

ちょっと前ですがこどもたちがバレンタインにパパにチョコを作ってあげました。 チョコはキットを利用して手軽に作りました。うさぎやくまの型に溶かしたチョコとコーンフレークを入れて冷やし固め、デコペンでお顔を描きました。 これはチョコを入れる箱で…

どうして拡充学習をしようとおもったか

「才能」ということばについて考えていて、なぜ拡充学習というものに興味を持ったかの話しを書きたくなりました。 あまりこのブログでは詳細に書き記したりしていませんが、うちのこどもたちは、世間の多数のこどもたちとは少し違うな、というところがありま…

拡充学習の実践例(マイコー雑記さん)

いつもためになる記事があがっているマイコー雑記さんですが、拡充学習を実践した1日の様子を記事にしてくださいました。 まだご覧になっていない方はぜひ見てみてください。 それにしても自然が豊かで美しい!!! blog.goo.ne.jp

「才能」ということばが持つイメージ(追記あり)

レンズーリは、元々は才能教育が専門の方なので、才能ということばがよくでてきます。ひとつ前の記事で紹介した本もそうです。ただ、わたしは「才能」ということばを聞くと複雑な思いがわいてきます。なぜかというと、いま世間でこれが才能、と思われている…

「本当の「才能」見つけて育てよう」

本当の「才能」見つけて育てよう―子どもをダメにする英才教育 作者: 松村暢隆 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房 発売日: 2008/07 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (1件) を見る レンズーリの著作本は絶版のようなのですが、…

テレビごっこ→劇ごっこ→絵本作り

うちの親子で、またはこどもだけで行われるこまごまとした活動を記録してみようと思いたちました。拡充にあてはまるかどうかというと、それ未満かもしれませんので拡充の「種」かもしれません。 でもこうした活動が発展していくことも十分あります。 記録す…

春はもうすぐ?

わが家に素敵なお花がやってきました。 花屋でつぼみの状態の球根を買ってきたのですが、こどもたちそれぞれのお花、ということにして毎朝のお水替えをお願いしています。 水色のムスカリは小さなベルの形の花が次々に咲くのが愛らしく、赤系の球根はチュー…

家庭でする拡充学習の流れ フローチャートの試作

拡充学習を家庭でどうやってしたらいいか、うまく説明するにはどうしたらいいかとおもっていたのですが、流れをフローチャートで書いたらどうかと思い作ってみました。 レンズーリのSEM(全校拡充モデル)をベースに、家庭で親が行えるようなかたちにするに…

低学年向けの読み物

小1の上の子が、ひとりで本を読み始めたところなのですが、最近はまっている読み物をいくつか紹介します。 海賊ポケットシリーズ なぞのたから島 (かいぞくポケット 1) 作者: 寺村輝夫,永井郁子 出版社/メーカー: あかね書房 発売日: 1989/06 メディア: 単…

拡充学習のアイディアー折り紙から発展する遊び

コメントでワーキングマザーさんが書いてくださったエピソードです。 拡充学習のアイディアとしてとてもよいとおもったので紹介させていただきますね。 先日、こどもが保育園の友だちにキラキラの折り紙をもらってきました。友だちにもらったのがうれしくて…

拡充学習のアイディアーゲーム作り

あまり構えると書きづらくなるので、本当にささいなアイディアなのですが書き留めておこうとおもいます。 最近我が家では「レシピ」というゲームが人気です。5歳の下の子も遊べるし、上の子も楽しめるので。 カードゲーム レシピ 出版社/メーカー: ホッパー…

拡充学習の例/拡充学習とミニコースの違い

拡充学習とミニコースの違い、というのがレンズーリの本で強調されていたので、大事な部分なので書いてみたいとおもいます。 ミニコースというのは例えば特別プロジェクトのようなことをイメージしていただければいいと思います。 ちなみに拡充学習の例とし…

図形の知育おもちゃ

最近こどもの知育っぽいことはさっぱりしていませんでしたが、試しに購入してみたおもちゃはこどもも気に入ったみたいです。 ボーネルンド マグネティックマイティーマインド 出版社/メーカー: ボーネルンド (知育玩具) メディア: おもちゃ&ホビー この商…