読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Follow your bliss

読書をしながら、子育てしながら、人間の内面についていろいろ考えたりする毎日

「メグさんの女の子・男の子からだBOOK 」

性教育はわたしにとっては苦手分野で、おおらかにそういう話をされているお家をうらやましく思うのですが、性の知識がある方が性犯罪に巻き込まれるリスクも減るという話を聞き、苦手とかいってる場合じゃないとおもい、いろいろ探してみました。 性に関して…

小学生が人間関係を学べる本

この「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズは、マンガで読みやすいこともあり、上の子のお気に入りです。 この子は幼稚園年長、小学1年から2年と、なにかとお友達とのやりとりで「あの子にこんなこといわれた」「うそつかれた」「あやまってくれな…

「百まいのドレス」

百まいのドレス 作者: エレナエスティス,ルイススロボドキン,Eleanor Estes,Louis Slobodkin,石井桃子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2006/11/10 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 8回 この商品を含むブログ (18件) を見る 虹色教室で紹介されてい…

低学年向けの読み物

小1の上の子が、ひとりで本を読み始めたところなのですが、最近はまっている読み物をいくつか紹介します。 海賊ポケットシリーズ なぞのたから島 (かいぞくポケット 1) 作者: 寺村輝夫,永井郁子 出版社/メーカー: あかね書房 発売日: 1989/06 メディア: 単…

「ちいさなろば」

ちいさな ろば (こどものとも傑作集) 作者: ルースエインズワース,酒井信義,Ruth Ainsworth,石井桃子 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2002/11/15 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (56件) を見る クリスマスシーズンに…

「へんなどうつぶ」

へんなどうつぶ 作者: ワンダ・ガアグ,渡辺茂男 出版社/メーカー: 瑞雲舎 発売日: 2010/04/28 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る へんな動物? じゃなくて へんなどうつぶ。 タイトルからしてふしぎです。この表紙のオレン…

「プリンちゃん」

プリンちゃん 作者: なかがわちひろ,たかおゆうこ 出版社/メーカー: 理論社 発売日: 2011/09 メディア: 大型本 クリック: 2回 この商品を含むブログを見る 帯に書いてあったなかがわちひろさんのコメントがすばらしいんです。 「小さな女の子って、たまごい…

「おおきなおおきなおいも」

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による (福音館創作童話シリーズ) 作者: 赤羽末吉 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1972/10/01 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 36回 この商品を含むブログ (72件) を見る 有名なお話なの…

「デイビッドがっこうへいく」

デイビッドがっこうへいく (児童図書館・絵本の部屋) 作者: デイビッドシャノン,David Shannon,小川仁央 出版社/メーカー: 評論社 発売日: 2001/09 メディア: 大型本 購入: 2人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (13件) を見る 小学校低学年の教室で読み…

「ぺろぺろキャンディー」

ぺろぺろキャンディー 作者: ルクサナカーン,ソフィーブラッコール,Rukhsana Khan,Sophie Blackall,もりうちすみこ 出版社/メーカー: さえら書房 発売日: 2011/08 メディア: 大型本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る たまたま図書館でこどもが手に…

「おはなしのろうそく」

読み聞かせによさそうな本をちょこちょこチェックしているのですが、これとてもよかったです。 おはなしのろうそく 1 作者: 東京子ども図書館 出版社/メーカー: 東京子ども図書館 発売日: 2001/06 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 61回 この商品を含むブ…

キンダーブックのシールせいさく(イラスト by 100%ORANGE)

キンダーブックのシールせいさく★子どもだけに遊ばせるのはもったいない!? まるやさんかく、しかくのシンプルなシールがたくさん入っていて、100%ORANGEのイラストのお弁当箱や花火やちょうちょ、などをシールで自由に飾る、というシール製作ブックです。 …

「かいぞくポケット なぞのたから島」

小学校低学年におすすめの本です。ある日突然海賊になったポケットとゆかいな仲間たちの冒険。 「おしゃべりなたまごやき」など多数の児童文学の著者の寺村輝夫さんの本です。 どこかおっとりとした展開、ほんわかした挿絵、寺村さんお得意のユーモアあふれ…