読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Follow your bliss

読書をしながら、子育てしながら、人間の内面についていろいろ考えたりする毎日

自由に生き生きと

わたしがいままでなんとなく、こういう風に生きていると気持ちいいな、と考えてきたことがいくつかあります。

特になにか得するためではなく、自由で風通しのいい生き方をするためのコツのようなものですが、その生き方の姿勢って子育てする時にもなにかと使える気がするので紹介してみたいとおもいます。

例えば、過干渉しない、親の都合で振り回すのではなく「手を出さない」でこどもがなにかに興味を持ってなにかを始めるのを「待つ」など、きっと子どもにとってその方がいいだろうとおもいながら、なかなかできない、ということってあるとおもうのです。

それが、普段から心の奧の、自由で風通しのいい場所を拠点にして生きる、ということをしていると、わりと楽にできる気がします。

わかりやすくいうと、それはクリエイティブに生きることではないかとおもいます。

このことはわりと現代生活で見落とされがちです。創造する、ということをなにか自分とは関係のないこと、と思っている人が多いのではないでしょうか。

クリエイティブに生きる。そこには軽やかさ、自由さ、リラックスした気軽な感じ、失敗を恐れず喜びに満ちて挑戦し続けること、手を動かすこと、時に無駄をすること、自分の中の恐れと向き合いそれを解き放つこと、決めつけないこと、自分に正直になること、自分の奥とよくつながること、などなどいろいろな要素が含まれてきます。


そんなことについて、少しずつ書いてみたいと思います。いろいろな方向から書いてみますが、それぞれはゆるやかにつながっていて同じひとつのことをいおうとしています。心の奧の、自由で風通しのいい場所を拠点にして生きる、ということです。そしてそれは創造しながら生きる、ということでもあります。

その前に、高原の林の中で風が葉っぱを揺らす心地よい音を聞いているつもりになってみてください。小川のせせらぎの音もよいですね。

その音は一瞬一瞬移り変わっていきます。

次にどんな音が出てくるかわかりません。ただ、心地よくてその音に集中し聞くことに身を任せます。

過去の失敗のことも考えていないし、この先どうしようと不安にとらわれてもいない。

ただ喜びを感じている。


風は、小川は、何か特別なことをしているつもりはないでしょうが、その瞬間瞬間新しい音を創造しています。

わたしたちも、そんな風に素朴に、でも自由で美しい音を奏でながら生きられたら素敵だと思いませんか? 瞬間瞬間創造しながら生きるのです。そして、それは誰にでも可能なことなのです。

そんなイメージを浮かべながら読みすすめていただけたらと思います。