Follow your bliss

読書をしながら、子育てしながら、人間の内面についていろいろ考えたりする毎日

幼稚園最後の発表会

下の子の幼稚園最後の発表会がありました。劇や歌を発表する会です。

 

本番を前に家族でどきどき...。

 

下の子は、繊細さと大胆さを併せ持つ性格ですが、人の視線にものすごく敏感、つまり人前でものすごく緊張するのです。写真を撮られるのも嫌がります。

 

歌や踊りは大好きで、家ではミュージカル調でうたいおどりながらごっこ遊びをして、楽しくなるとわたしにタックルしてくるパワフルな子なのですが。

 

年少の発表会のときは、舞台の上で人の視線に圧倒されて辛そうに下を向き、劇でも棒立ちになっていました。

 

年中のときは、なんとか劇でせりふをいったり、動いたりはできたのですが、やはり笑顔がなく下を向いたり横を向いたり、本人もやりたいけどできない...と葛藤しているようでした。

 

今年はわたしも多くを望まず、楽しそうにやってくれたらうれしいけど、本人ががんばっているからなんでもいいや、という気持ちでした。

 

そうしたら!

 

なんと、笑顔で歌ったり踊ったりしているではありませんか!

 

もうこうなったら完成度とかはどうでもいいです。本人が楽しく笑顔でやってくれれば!

 

とても感動したのですが、本人の笑顔を見ながら、わたしも笑顔になっていたみたいで。

 

後でこどもから「終わった後に他のおともだちとお話ししたら、みんなのママは泣いていたよっていってたから、うちのママはずっとにこにこしてた!って教えてあげたの」といわれました。

 

間違えたところもありましたが、てへ!と笑顔でやり直していたので、まあショックで固まってしまうことに比べれば上出来かなと。

 

 年少で、舞台の上で泣きそうな顔で棒立ちになっているところを見た時は、本当にどうしようかとおもいましたが、ちゃんと年々少しずつできるようになるのですね。

 

よかったです。