Follow your bliss

読書をしながら、子育てしながら、人間の内面についていろいろ考えたりする毎日

ある日の5歳

うちの下の子は、繊細さと大胆さを兼ね備えているタイプで、いろいろな場面で針がどちらに振れるかがまったく予測できません。

 

よく見ているつもりなのですが、「こうくるだろう」と思ってたかをくくっていると「やられたー」となるので気が抜けません。

 

先日はこんなことがありました。遊具で遊んでいて、わたしは離れたところから見ていました。すると他の子がきて「◯◯ちゃん、いま頭ぶつけたよ」と教えてくれたので、様子を見に行きました。後ろから見ていましたが、少し動きがゆっくりとしてがんばってるな、耐えてるな、という風でしたが、そのまま遊具で遊び続けていたので、「ほーこのくらいはだいじょうぶなのか!」と感心してそのまま声をかけずに戻りました。

 

その日の夜、本人が「きょうほんとはあたまがちょっといたいの」というので「そうだってね、聞いたよ。見に行ったけど、だいじょうぶそうだったから声かけなかったよ。強いね」と話しました。すると「うん、痛くて涙が出たけど、ごしごしってしてね、その後はもう泣かなかったよ。」とのことでした。

 

また別の日、歯医者に虫歯の治療に行きました。内心はらはらしながらも、ひとりで診察室に行かせ、待合室で待っていると...なんだか聞き覚えのある叫び声と泣き声が聞こえてきます。いつ呼ばれるかとひやひやしていると、ドアが開き、先生が「終わりましたよー」と教えてくれました。本人は怒ったような顔で出てきましたが、もう泣いてはいませんでした。

 

「えらかったね!がんばったね!抱っこする?」と声をかけましたが、ひとりでパズルをしていました。その後絵本を読んであげましたが、その場では抱きついたりして甘えることはありませんでした。

 

こどもがひとり、育つということは本当にその時その時がライブというか、かけがえのないエピソードが次から次へと起こって、その都度親はどう反応するか、試されているとおもいます。

 

なんだか、いまはそのひとつひとつに全力で向き合いたくて、その醍醐味がたまらなくてやめられません。

 

もう少ししたら、手も離れてくるだろうし、なにかやりたいことをいまから準備しておいたらいいだろうなと頭で考えるものの。

 

この調子だとある日友達の方が大事になって、親はぷいっとおいていかれるんだろうな、と思ったり、それもいいかと思ったり。

 

子育てっておもしろいですね。

 

必要なくなったらすっと引けるようにしておきつつも、もう少し大きくなるまではここぞという場面で全力でおつきあいできるようにしておきたい、いまはそれがわたしにとって喜びなんだなと感じています。

5歳の縫い物遊び

くまさんです。目と口以外は本人が縫いました。

 

 

f:id:milkaddict:20170621195244j:plain

ペンケース作り

こどもたちが、ペンケースを取り合ってケンカしていたので、お裁縫が苦手で不器用なわたしなのですが、家にあったラミネート生地でそれぞれにつくってあげました。

 

ラミネート生地だと端の処理不要だから簡単にできそう、と思ってはじめたのですが、ファスナー付けをやったことがなかったので難しかったです。そんなわけでファスナー部分がうねって縫い目が曲がっていますが、まあ、こどものケンカは収まり、うっとりと気に入ってくれたので気にしないことにします。

 

 

f:id:milkaddict:20170621160915p:plain

思春期って何歳から始まるの?

 ただいま思春期について勉強中です。

 

思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33 (小学館新書)
 

 

思春期というと、中学生から高校生、というイメージでしたが、10年近くかけてゆっくりこどもからおとなへ、心身ともに成長していくものなのですね。

 

前思春期     8歳半から10歳

思春期初期 10歳から13歳

思春期中期 13歳から18歳

思春期後期 18歳から22歳

特に小4(10歳)の思春期初期くらいから急に態度が変わったりすることも、よくあるのだそうです。親もびっくりしますが、あわてないで対応したいですね。

 

こちらの怒ると叱るの対比の表がとても興味深かったです。

 怒る

 

感情的に

自分のために

過去に焦点をあてて

怒りと勢いで

自分のいいたいように

感情にまかせて

 

叱る

 

理性的に

相手のために

未来に焦点をあてて

愛と勇気で

相手に伝わるように

感情を統制して

 

 

難しい、難易度の高い状況になればなるほど、この表で「叱る」の方に含まれる態度が必要ですね。

 

こどもが毎日安定して生き生きと過ごせていれば、たまに親が感情的になることがあってもダメージはさほどないのではないかと経験上おもうのですが、それに甘えていつでもそうしていいとおもってはだめですね。

 

感情の統制に関しては、こどもの癇癪が激しくて大変だった時期にその大切さを身にしみて知りました。なにをやってもうまくいかなくて、最終的にはお仕事的な態度というか、自分のことは捨てて、冷静に、相手の望むことを察知しながら、親子で目指すべき明るい未来に一歩近づくための行動はなにか考えながら対応していくのが一番いいということを体験的にこどもに教えてもらったという感じです。

 

まあ、よく考えてみたら、いくら思春期の反抗がきついといったって、あれ以上ひどくなることはないでしょうから、そんなに心配することも驚くこともないですね。

 

もし、こどもが反抗的な態度をとるなど、難しい状況におちいったら、そういう時こそ感情の統制のとれた態度で、相手の成長のために必要なことを提示してあげられたらとおもいます。

 

本の後半は、具体的な接し方がたくさんのっていて参考になります。

 

このところ家の近所でツバメが子育てしていて、毎日こどもと見ているのですが、まるまるしたひながだんだん大きくなってきて、もう巣からはみ出そうになってきました。時々ばたばた羽ばたいて、もう少しで飛ぶ練習もはじまるかなというところ。

 

ツバメのヒナは、飛ぶ練習をして、飛べるようになったら巣立ち。

 

うちの子たちの巣立ちはどうなることか。時々10年後をイメージして、思い浮かべながら接していきたいです。

虹色教室の算数教材

待ちに待っていた、虹色教室の算数教材がリリースされました。

 

身の回りのはかりとかブロックとかおもちゃを使いながら、算数の感覚を育てる遊びやパズル、簡単な問題が紹介されています。

 

いままでに虹色教室のブログの記事で紹介されていた内容をやってみた経験からも、こういう遊びのような学びのようなことをやっていたら、算数がわかるようになるのだろうな、と思います。

 

いままで家でやってみたのは

 

時計の長針の読み方

blog.goo.ne.jp

10の固まりを目で確認しながら計算するやり方

 

milkaddict.hatenablog.com

 などです。

 

繰り下がりの引き算とか、学校の算数でちょっとうまくいかないとすぐにめげてしまう子と一緒に家でやろうと計画しています。

 

 またやってみた結果など記事にしていけたらとおもいます。

 

虹色オンライン算数教室

 

サンプルで出ている、足して10になるじゃんけん、折り紙をつかった計算パズルをこどもに見せたところ、楽しい!もっとやりたい!と喜んでいましたよ。

 

遊びっぽいので抵抗なく入れるようです。下の子も一緒に遊び感覚でできるところもいいです。お人形さんの身長測定ごっこなんて2人で楽しく遊べそうですね。

 

 

小学生ママのお悩み解決

こんな連載記事を見つけました。

過去のものらしく、お悩み相談はもう受け付けていないようですがたくさんの小学生についてのお悩みQ&Aが読めます。

 

mamanote.jp

答えてくださっているのは小学校の教師の方で、現場で日々悩みながら考えた解決策がたくさんのっていて参考になります。

 

わが家では先日上の子が、学校で大事なものをなくしたというので、わたしは内心ものすごいあせりました。もしや、隠された?と思ったのです。

 

その時はこちらの記事を読んで、救われた気持ちになりました。

 

mamanote.jp

読んですごく納得。確かに、人の持ち物を隠す子は、相手を困らせたいのですよね。それならば、こっちが困らなければいい! いくら隠しても平気だよ! 痛くもかゆくもないよ!というアピールですね。同じレベルで苦しむ必要はなく、相手の上をいくってことですね。

 

なかなかこういう解決策って思いつかないと思うのですが、日々現場でどうしたらいいかな?と真摯に向き合ってくださる先生がいるってありがたいです。

 

ちなみにわが子のなくし物ですが、恐る恐る担任の先生に電話して「ご存知ですか?」と聞いてみたところ、「ああ!よく出しっぱなしにしていて、注意しても直らないので、いまこちらで預かってます!」とのことでした。

 

なーんだ。コントみたいなオチでした。

 

小2キャンプデビュー計画

小2の子の夏キャンプ、以前からアルプス子ども会というところがよさそうだな、とおもってました。

 

アルプス子ども会公式サイト トップページ|仲間づくりを育む質の高い野外活動を!

 

キャンプに行かせるにあたって、もちろん自然の中で過ごしてほしいとか、なんでも自分でやってみる体験をしてほしいとかの思いも親としてあるわけですが、なによりどんな考えの人たちが運営しているか、それによってどんな場作りを目指しているかが気になります。

 

アルプス子ども会がめざすこと「一人の例外もなく支え、守り合う関係」

 

高い理念を持って運営されていることはこうした文章から伝わってきます。参加の際に知り合いや兄弟は組を分けて、それぞれが初めての状態から関係を築くこと、スタッフも参加するこどもも皆ニックネームで呼び合い、双方向のオープンな空気を作ること、活動内容をすべて話し合いで決める「山びこ村」コースをメインに設定していること、リーダーの育成にしっかり力を注いでいること、などがよいと思いました。

自分をまるごと受け入れられることが心地よい
他人と対等に触れ合うことが快い
意見の違いを乗り越えることが嬉しい

といった経験を重視した運営をこころがけています。

こういうこと、なかなか書けないですよね。

他にも

単にキャンプや子ども会行事に行くという「消極的参加」ではなく、子供達が心と心をぶつけられるような体験をめざして活動しています。

ともあります。

 

去年資料を取り寄せて、本人に見せたのですが、その時はまだ「時」ではなかったらしく、「行かない」との返事でした。

今年は、先日もしやとひらめいてサイトなど見せて「行ってみる?」と聞いたら「行く!行きたい!」とのことだったので、いまか!と急いでまた資料を取り寄せて、申し込みなどしています。

 

ただ、急に決めたので事前に親子イベントに参加などしていなくて、どんなところなのか直に感じるチャンスがいままでありませんでした。

本人も楽しみな反面「お友達できるかなあ」「リーダーは親切かなあ」と時々心配な気持ちも起こるよう。

 

先日偶然、子育てイベントにアルプス子ども会が参加すると聞き、また当日入っていた用事がキャンセルになり、親子で行ってきました。

 

会場の小学校の校庭に行ってみると、40分×3回の予定でリーダー達とこどもで身体を使った外遊びをしますよ、とのことでした。

ギターを演奏しながらリーダーたちが歌を歌うと、親子連れが「なんだろう?」と反応し好奇心いっぱいのこどもたちがどんどん集まってきます。

リーダーたちは全然押し付けがましくないのですが、エネルギーがすごい。こども相手の例えば幼稚園の先生たちもたしかにテンション高めではあるのですが、そういう表面的、職業的なことではないのですね。全力で楽しんでる感じといったらいいんでしょうか。

こどもたちがいない休憩中の時間もギター弾いたり、大声で盛り上がったり、みんなで鉄棒したり、とにかく楽しそう。中高生っぽい若いリーダーもいました。

その「本気」「本物」のエネルギーにこどもたちは惹きつけられるのでしょうね。TVゲームとか電子機器とか流行りのなんとかは必要ないようです。

歌の後は、走ったり身体を使ったりするゲームをたくさんしていました。しっぽとりとかじゃんけんリレーとかわたしにもわかるものもあれば、初めて目にするゲームもありました。

うちの子は目をキラキラさせてものすごく楽しんでました…。終わってからも気に入ったリーダーにくっついたり、お話したり。結局3回の遊びタイムにフル参加して、最後も名残惜しそうにもっと遊びたい…といいながら帰ってきました。3回全部遊んでた子は他にいなかったけど、みんな楽しそうで、初めて同士で盛り上がっていましたよ。

 

これだけやっとけばキャンプのウォーミングアップは十分ですよね。疲れたけど大きい収穫を得られました。

 

リーダーのひとりにわたしが「初めてのキャンプで少し心配だったので遊びに来たんですよ」とお話すると、「きょうの感じならばっちりですね!」といってくださったのですが、その時上の子が「ママは心配性だからさー。心配しすぎなんだよ!」と上から目線でいってきたので、それがおかしくも頼もしかったです。

たぶん、いろいろ心配があったけど、その日1日リーダー達と思いっきり遊んでその心配が払拭され、自分が心配だったことや不安だったことはすっかり忘れたんですね!それか、リーダーの手前かっこつけたかったのかな?

 

いやいや、いいんです。そのくらいで。「そうかー。ママの心配しすぎだったかー!まいったまいった!」と応じながらこの子の成長を心から嬉しく思いました。